本ページはプロモーションが含まれています

生活

お弁当にぴったり!ゆで卵の持ち運びと四季に合わせた鮮度維持の秘訣

お弁当にぴったり!ゆで卵の持ち運びと四季に合わせた鮮度維持の秘訣
Pocket

簡単に作れて食べ応えのある「ゆで卵」は、忙しい朝にさっと用意できるお弁当の定番です。

手軽で便利な一方で、ゆで卵は比較的腐りやすい性質を持っているため、お弁当での持ち運びには少しの注意が必要です。

この記事では、ゆで卵をお弁当に持ち運ぶ方法と、春夏秋冬を問わず鮮度を保つコツをご紹介します。

記事を通して、ゆで卵の持ち運び方や鮮度を維持する方法について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お弁当に最適!ゆで卵のQ&A

お弁当にゆで卵を加えるときのよくある質問に、Q&A形式で答えていきます。

これを知っておけば、ゆで卵を新鮮なまま持ち運ぶことができます。

 

Q.ゆで卵は殻付きと殻なし、どちらを選ぶべき?

A.持ち運びには殻付きが適しています。

ゆで卵の賞味期限は殻の有無によって変わります。

  • 殻付きのゆで卵:3日から4日程度
  • 殻を剥いたゆで卵:その日のうちに食べるのが望ましい

※どちらも冷蔵庫で保存した場合の目安です。

殻を剥いたゆで卵は、手から菌が移りやすく、空気中の菌にも触れやすいため、腐りやすくなります。

一方で、殻付きのゆで卵はこれらのリスクが減り、賞味期限も長めになります。

ただし、殻付きでも殻に亀裂がある場合は賞味期限が短くなるため、注意が必要です。

 

Q.お弁当向けゆで卵:半熟と固茹で、どちらが持ちがいい?

A.固茹でのゆで卵がお弁当に適しています。

お弁当に半熟のゆで卵を入れると腐りやすくなるため、お弁当用には「固茹で」がおすすめです。

 

固茹でゆで卵の作り方

お弁当に入れるゆで卵は、固茹でが基本です。

水が沸騰したら、ゆで卵を10分から11分茹でてください。

もっとしっかりと固茹でにしたい場合は、12分茹でると良いでしょう。

茹で時間を正確に管理するためには、キッチンタイマーやスマートフォンのタイマー機能を活用すると便利です。

 

殻付きゆで卵を持ち運ぶ際のポイント

殻付きのゆで卵を持ち運ぶときは、茹でた後に水に浸けないようにしましょう。

水に浸けると、卵の殻の微細な穴から菌が入り込みやすくなり、腐敗するリスクが上がります。

 

Q.前日にゆで卵を作っても良い?

A.殻を剥かずに冷蔵庫で保存すれば、前日に茹でても大丈夫です。

朝忙しいときにゆで卵を作るのは面倒ですよね。

前日に準備しておけば、朝の時間を有効に使えます。

次の手順で行ってください。

  1. 卵をしっかり固茹でにする
  2. 茹で上がったら、水に浸けずに室温で自然に冷ます
  3. 冷蔵庫で一晩保存する
  4. 翌朝、必要に応じて殻を剥き、お弁当に入れる

冬の時期は、殻付きのまま持ち運ぶのも一つの方法です。

 

Q.ゆで卵を新鮮に保つためのおすすめのおかずは?

A.梅干しが効果的です。

梅干しにはクエン酸が含まれており、その殺菌効果があります。

伝統的にご飯の中央に梅干しを入れる「日の丸弁当」は、実際に科学的な効果がある方法です。

ただ、梅干しの効果はその周辺に限られるため、ご飯全体に混ぜ込むか、ゆで卵の近くに置くと良いでしょう。

また、お弁当の蓋の内側にワサビを塗ることで、さらに殺菌効果を高めることができます。

 

季節ごとのお弁当でのゆで卵の持ち運び方法

春夏秋冬、それぞれの季節に応じたゆで卵の持ち運び方法をご紹介します。

これで、食中毒のリスクを低減できます。

 

春夏秋の高温期におけるゆで卵の取り扱い

日本では温暖化の影響で、夏以外の季節でも高温の日が増えています。

そのため、お弁当にゆで卵を入れる際には、腐敗を防ぐ対策が必要です。

 

固茹でや煮卵での対応が重要

お弁当にゆで卵を入れる場合、基本としては「固茹で」を選びましょう。

特に暑い日が続く時期には、煮卵を選ぶことも食中毒を防ぐ効果的な方法です。

煮卵は塩分の効果で腐敗菌の活動を抑え、通常のゆで卵よりも腐りにくいですが、「半熟煮卵」ではなく「固茹で煮卵」を選ぶことが大切です。

 

保冷剤と保冷バッグの活用

現在の日本の気候を考慮すると、春から秋にかけてお弁当の持ち運びには以下が必要です。

  • 保冷剤
  • 保冷バッグ

保冷剤はお弁当を冷たく保つために役立ちます。

小型の保冷剤も使えますが、100円ショップやオンラインショップで購入できる大型の再利用可能な保冷剤が効果的です。

保冷バッグはお弁当専用のバッグで、お弁当と保冷剤を入れてしっかり閉じるとクーラーボックスのように機能し、外気温が高くてもお弁当を冷たく保つことができます。

保冷バッグは頻繁に使う場合、丈夫な材質の製品を選ぶと長期的に経済的です。

 

春夏秋の高温期におけるゆで卵の取り扱い

日本では温暖化の影響で、夏以外の季節でも高温の日が増えています。

そのため、お弁当にゆで卵を入れる際には、腐敗を防ぐ対策が必要です。

 

固茹でや煮卵での対応が重要

お弁当にゆで卵を入れる場合、基本としては「固茹で」を選びましょう。

特に暑い日が続く時期には、煮卵を選ぶことも食中毒を防ぐ効果的な方法です。

煮卵は塩分の効果で腐敗菌の活動を抑え、通常のゆで卵よりも腐りにくいですが、「半熟煮卵」ではなく「固茹で煮卵」を選ぶことが大切です。

 

保冷剤と保冷バッグの活用

現在の日本の気候を考慮すると、春から秋にかけてお弁当の持ち運びには以下が必要です。

  • 保冷剤
  • 保冷バッグ

保冷剤はお弁当を冷たく保つために役立ちます。

小型の保冷剤も使えますが、100円ショップやオンラインショップで購入できる大型の再利用可能な保冷剤が効果的です。

保冷バッグはお弁当専用のバッグで、お弁当と保冷剤を入れてしっかり閉じるとクーラーボックスのように機能し、外気温が高くてもお弁当を冷たく保つことができます。

保冷バッグは頻繁に使う場合、丈夫な材質の製品を選ぶと長期的に経済的です。

 

冬のお弁当におけるゆで卵の扱い

冬の寒い気候では、固茹でにしたゆで卵は腐りにくいです。

気温が20℃以下のときは、お弁当に保冷剤を使う必要はほとんどありません。

 

卵ケースでの持ち運び

職場で昼食にコンビニのお弁当を利用するとき、追加の栄養としてゆで卵を持っていく場合には、「卵ケース」の使用がおすすめです。

卵ケースを使うと、ゆで卵をヒビや潰れから守りながら、昼食時に美味しく食べることができます。

 

お弁当にゆで卵を持って行く際のポイントまとめ

お弁当にゆで卵を持って行くときの重要なポイントは以下の通りです。

  • 殻付きのゆで卵は腐りにくい
  • 殻を剥いたゆで卵も、保冷されていれば当日中は安心
  • 半熟は避けて、固茹でを選ぶ
  • 前日に茹でる場合は、殻を剥かずに保存
  • 梅干しを加えると殺菌効果が期待できる

これらを意識することで、安心してゆで卵をお弁当に加えることができます。