本ページはプロモーションが含まれています

生活

雨乞いの方法:呪文や儀式を活用した簡単な手法

雨乞いの方法:呪文や儀式を活用した簡単な手法
Pocket

もし明日にでも雨が必要で、何か効果的な方法はないかとお探しなら、昔から伝わる儀式や身の回りにある道具を使ったさまざまな降雨の試みが可能です。

ここでは、自分に合う方法を見つけて試してみるための、いくつかの手法をご紹介します。

この記事では以下のことを学べます:
・ 古来より伝わる呪文や儀式を使って雨を降らせる方法
・ 特別な道具を必要としない降雨術

 

雨乞いとその方法:呪文や儀式での実践

 

雨を呼び寄せる呪文

実践する手順は以下の通りです。

・「レフメアンサクタ レフメアンサクタ レフメアンサクタ」と3回唱えます。
・ 屋外で「ガンジ・ガンジ・ガンガンジ」と声に出して唱えます。
・「ウンババ ウババ ウンバババ」と繰り返し唱えます。

これらの呪文を唱えることで雨が降ったと多くの人が報告しています。

声に出さなくても、心で唱えるだけでも効果があると言われています。

 

踊りによる雨の呼び寄せ

これは古代から伝わる雨を引き起こす儀式です。

芸能人もこの踊りを実践して雨を降らせようとしていますから、試してみる価値はあります。

ここで紹介する踊りは、牛ヶ原の尾永見区で長年伝わる降雨の舞です。

水を汲む動作や水車が回る様子を模した棒を使った動きが特徴です。

この降雨の舞は、地域の壁画にも描かれており、その文化的な重要性を物語っています。

 

神社での長時間にわたる祈り

昼も夜も関わらず、睡眠を取らずに神社でひたすら祈り続ける方法が存在します。

このような行為は、一般に神社関係者や専門家たちによって実施されます。

一方で、普通の人々が神社に長時間滞在するのは難しいため、訪れた際には短時間での祈りが一般的です。

 

聖水を使った祈り

神聖な力が宿るとされる水を受け取り、それを撒き散らしながら歩く行為もあります。

この方法は、自然現象である雨が降ることを模倣し、実際に雨を引き寄せるための試みとされています。

例えば、雨乞いで知られる京都の貴船神社には、途切れることのない聖水が流れ、多くの人々がこれを目当てに訪れます。

 

龍神への祈り

水の神である龍神へ祈ることも、雨を呼び寄せる手段のひとつです。

この儀式は通常、複数人によって行われます。

地元に龍神社があれば、以下の手順で試してみることをおすすめします:

・ 社の屋根に水を掛けながら、時計回りで周囲を一周します。
・ 先頭の人が「雨タンポ祝いよう」と大声で呼びかけ、続いて他の参加者が太鼓を打ち鳴らしつつ「ザッコザッコ降って来い」と唱えます。

この儀式が行われた龍神社で実際に雨が降ったという報告があり、その効果は驚異的です。

 

雨を呼ぶ伝統的な儀式

必要なもの:
・ 長さ約9.5メートルの縄
・ 1カップ分の酒
・ 塩一皿
・ 白い和服

実施手順:
1. 縄を使って直径3メートルの円を作ります。
2. 円の中に酒と塩を供えます。
3. 参加者は全員で空を見上げながら「感動的な雨よ、降り注げ」と5分間祈ります。
4. 円の中央で、白い和服を着た17歳の清らかな少女が、自由に選んだ曲に合わせて踊ります。(どのような曲でも構いません)
5. 最後に、もう一度全員で祈りを捧げます。

この儀式を行うと、約2時間以内に雨が降り始めるとされています。

もし激しい雨を願うのであれば、供物を増やす、または40代の人々が薄着や裸で踊るなどの方法が効果的だと言われています。

神々の好意を得ることが、成功への鍵となります。

 

明かりを灯す儀式

山頂で明かりを灯し、鐘や太鼓、笛の音で賑わせる方法もあります。

この儀式は日本各地で実施されており、多くの関心を集めています。

ただし、近隣からの通報リスクがあるため、事前に許可を取り、火の扱いには特に注意が必要です。

 

特別な日の「雨男・雨女」の力

通常は避けられがちな「雨男」「雨女」も、雨を願う特別な日には頼りになる存在です。

彼らの力を借りて、一緒に楽しむことが大切です。

雨が降るかどうかにかかわらず、その日を存分に楽しみましょう。

 

動物たちによる雨のお祈り

カエル、ヘビ、カメなどの生物は、古くから雨をもたらす象徴とされています。

これらの動物の前で祈ることで、雨を誘うことができるかもしれません。

特にヘビは扱いに注意が必要ですが、ヘビをペットとして飼育している人からの協力を得るのが一つの方法です。

 

神々の怒りによる雨の呼び寄せ

神聖な場所で意図的に神々を怒らせることにより、その反応として雨を引き出すという伝統があります。

川を汚したり、神像を不敬に扱うなど、神々の怒りを買うような行為が一部の地域で実施されています。

ただし、このような暴力的または不敬な手法は避けるべきです。

 

家で手軽に試せる雨乞い方法

 

てるてる坊主の逆用魔法

晴天を願って使われることが多いてるてる坊主を逆に使うことで、雨を誘う方法があります。

ポイント:
・ 通常は白い素材で作られるてるてる坊主を、逆効果を狙って黒い生地で作ります。
・ 願いが叶うまで普通は片目のみ描かれるてるてる坊主に、この場合は両目を描きます。
・ てるてる坊主を逆さまに吊るすことにより、雨を引き寄せる効果があるとされています。

 

水を使った簡単な雨呼びの方法

・ 手に満たしたコップの水を持ち、
・ 西を向いて、「雨よ、降れ降れ」と大声で3回呼びかけます。

 

紫陽花の画像を利用した雨の誘引

紫陽花は水をたくさん必要とする植物で、その画像を使うことで雨を引き寄せる効果があるとされています。

より効果を期待する場合は、自分で撮った紫陽花の写真を用いると良いでしょう。

実施すると、翌日には効果が表れることが多いです。

必要なもの:
・ 鮮明な紫陽花の写真
・ LINEアプリ

実行手順:
1. 雨を願う前日に儀式を行います。
2. 紫陽花の写真を3秒間じっと見ます。
3. 「この紫陽花に恵みの雨を」と唱えます。
4. その写真をLINEのプロフィール画像に設定します。
5. 設定した写真を再び3秒間見つめます。
6. 就寝前に「明日の雨が楽しみだ」と唱えます。
7. 儀式の2日後、LINEのプロフィール画像を元に戻します。

【ポイント】
この儀式は秘密にしてください。

他人に知られると、効果がなくなる可能性があります。

 

スケジュール帳にカタツムリと傘を描く方法

雨を願う日のスケジュール帳にカタツムリと傘を描くことで、雨を引き寄せることができます。

必要なもの:
・ 馴染み深いスケジュール帳
・ 一ヶ月分のカレンダーがあると良い
・ 黒、青、赤、緑のペン

手順:
1. 「この日に恵みの雨を」と願いを込めて唱えます。
2. 黒ペンでカタツムリを描き、その上に青ペンで傘を描きます。
特定の時間に雨を願う場合は、その時間を絵の近くに書き加えます。
3. スケジュール帳を常に持ち歩きます。

【ポイント】
描く技術よりも、願いを込めて描くことが重要です。

より効果を高めるには:
1. 希望する日の数日前から儀式を始めます。
2. 雨を願う日まで、毎晩0時に描いたカタツムリと傘を指でなぞります。
3. 成功したら、感謝の印として赤ペンで心を込めて絵を囲みます。

効果がなかった場合は、緑ペンで「またね」と絵の隅に書き加えることで、次回の成功に繋げます。

 

雨を呼んだ後に役立つアイテム紹介

雨が降り始めたら、雨の日を楽しく過ごすためのアイテムを紹介しましょう!

 

逆さまに開く革新的な傘

通常の傘とは異なり、内側に折り畳むことができる逆開き傘は、雨水を内部に閉じ込めることで、車内などを濡らさずに済みます。

C型のハンドルが付いているため、手が塞がっていても持ちやすいです。

 

おしゃれで実用的な多機能ポンチョ

広々としたデザインのこのポンチョは、雨の日のお出かけにぴったりです。

ゆったりとした作りで、どんな動作もスムーズに行えます。

 

手軽に使えるシューズカバー

突然の雨にも対応できるシューズカバーがあれば、靴を濡らすことなく快適に移動できます。

長靴を持ち歩く必要がなく、持ち運びにも便利です。

 

雨乞いの方法まとめ

さまざまな雨乞いの方法を紹介しました。

伝統的な儀式から手軽に試せるものまで多岐にわたります。

これらは科学的な根拠はありませんが、長い伝統や文化を感じさせます。

雨を願う際は、ぜひ試してみてください。