本ページはプロモーションが含まれています

生活

パン粉なしでも美味しいハンバーグの作り方と代用素材

パン粉なしでも美味しいハンバーグの作り方と代用素材
Pocket

ハンバーグを作る時に、パン粉がないことってたまにありますよね。

特に、一人暮らしをしていると、パン粉をいつもストックしているわけではないですよね。

最近はグルテンフリーの食生活が注目されており、小麦製品を避けたいと考える人も増えています。

パン粉を使わないでハンバーグを作る際には、味や食感がどうなるか気になるかもしれません。

でも、幾つかの要点を理解しておけば、パン粉なしでも美味しいハンバーグを作ることができます。

パン粉を使わないハンバーグの作り方や、パン粉の代わりになる材料、そして完成したハンバーグの特徴についてご紹介します。

 

パン粉不使用でも美味しいハンバーグの作り方と効果

パン粉を使わなくても、十分に美味しいハンバーグが作れるんです。

一般的にハンバーグレシピにはパン粉が含まれていますが、実は必須の材料ではないんですよ。

パン粉を使わない場合、ハンバーグの結合力が少し落ちる可能性がありますが、それを解決するために他の材料の組み合わせや混ぜ方を工夫することが大切です。

パン粉を使わないでハンバーグを作る方法や、そのときの仕上がりの特徴について、ここで詳しくご説明します。

 

パン粉なしでハンバーグを上手に作るコツ

パン粉を使わないハンバーグを上手く作るためには、次の3つのポイントが重要です。

  • 使用するひき肉の量の約0.8%~1%に相当する塩を加える
  • 玉ねぎを柔らかくなるまで炒め、その後肉とよく混ぜ合わせる
  • 肉に粘りが出るまでしっかりと練り混ぜる

これらのポイントはよく知られているかもしれませんが、それぞれが重要な理由をお話しします。

【塩を加える理由】

・肉の風味を引き立てる調味料として
・肉のタンパク質を分解し粘りを出すため

【玉ねぎを柔らかく炒める理由】

・玉ねぎの余計な水分を飛ばし、肉と混ぜたときに型崩れを防ぐため

【しっかりと練り混ぜる理由】

・肉の繊維をきちんと絡ませ、適切な食感を実現するため

塩を加えることによって、ひき肉のタンパク質が分解され、混ぜ合わせる際に粘りが生じます。

この粘りが出ると、肉の繊維がきつく結びつき、パン粉を使わなくても形が崩れにくいハンバーグが作れるんです。

パン粉を使わないハンバーグの特徴をまとめると、次のようになります。

・カロリーを抑えながら、肉本来の味わいを際立たせることができる
・通常のパン粉を使ったハンバーグと比べて、ふんわりとした食感は控えめになることが多いです。

 

日本独自のスタイル?パン粉を使うハンバーグ

ハンバーグの起源は18世紀のドイツにさかのぼります。

当時、細かく砕いた生肉に玉ねぎとコショウを混ぜた「タルタルステーキ」という料理があり、これが現代ハンバーグの始まりと言われています。

その時代のハンバーグにはパン粉が使われていなかったのが特徴です。

現在、特に海外ではハンバーガーが主流で、ハンバーグも主に牛肉だけで作られることが多いです。

しかし、日本ではパン粉を加えるハンバーグレシピが独自に発展してきました。

パン粉がなくてもハンバーグは作れることはわかりますが、それでも日本の多くのレシピではパン粉が使われています。

日本でハンバーグにパン粉が含まれる理由には、特別な背景があるのです。

 

パン粉を入れるとハンバーグがふんわりするわけ

ハンバーグにパン粉を入れる主な理由は、材料を結びつける「つなぎ」としての役割です。

ただし、先にお話ししたように、パン粉がなくてもハンバーグは作ることができます。

それに加えて、パン粉を使用することには他にも理由があります。

【小見出し】パン粉を使うことのハンバーグへの複数のメリット
ハンバーグにおけるパン粉の役割は4つに大別できます。

  • 肉の成形をしやすくするためのつなぎ
  • 水分を調節し、肉汁を保つため
  • 柔らかく、ふんわりとした食感を作り出すため
  • ハンバーグの量を増やすため

塩を加えてしっかりと混ぜることでパン粉なしでもハンバーグは作れますが、パン粉を使うと肉を成形するのがより簡単になります。

また、パン粉を使用すると、肉の量が少なくても十分なハンバーグが作れます。

特に重要なのが、パン粉による水分と肉汁の調節機能です。パン粉を使わずに作ると、玉ねぎなどの具材からの水分調節が難しくなり、焼いた時に肉汁が逃げやすくなることがあり、その結果、食感が硬くなることもあります。

硬めの食感を好む場合はパン粉なしでも良いですが、柔らかくふんわりした食感が好みの場合は、パン粉を使うことをお勧めします。

パン粉の適量は、ひき肉200gに対して小さじ2程度が目安です。食感の好みに応じて量を調整することもできますが、パン粉を多く使いすぎると、肉の味が薄まる可能性があるので注意が必要です。

 

牛乳で湿らせたパン粉をハンバーグに使う利点

ハンバーグに乾燥パン粉を直接加えると、肉汁のうま味成分より先に肉の脂肪がパン粉に吸収されることがあるため、パン粉にはあらかじめ水分を含ませることが推奨されます。

牛乳を使うことで、パン粉に必要な水分を与えるだけでなく、肉の臭みを取る効果もあると言われています。

適量の牛乳は、パン粉がしっかり吸収して余分な牛乳が残らない程度が良いでしょう。たとえば、パン粉大さじ3に対して牛乳大さじ2が目安です。

牛乳がない場合は、水でも代用できます。さらに、元から水分が多い生パン粉を使う場合、パン粉を湿らせる工程は不要です。

 

ハンバーグのパン粉の代わりに使える3つの材料

ふんわりと柔らかなハンバーグが好きな方には、パン粉を使ったレシピが最適です。でも、たまにはパン粉が手元にないこともありますよね。

そんな時、パン粉の代わりとして使える食材で、同じような食感のハンバーグを作ることができれば便利です。

ここでは、パン粉の代替として活用できる3つの食材を紹介します。

  • 普通の食パン
  • 小麦粉
  • 片栗粉

パン粉の主な機能は、水分を調節し肉汁を閉じ込めることにあります。

これらの機能を持つ材料であれば、パン粉の代わりに使えます。

わざわざ買い物に行くのは大変ですから、家にある一般的な材料で代用するのが理想的です。

そこで、家庭でよく使われる、この3つの材料をおすすめします!

 

普通の食パンを活用したパン粉の代用法

パン粉は基本的に「パンを細かくしたもの」ですから、普通の食パンを細かくしてパン粉の代わりに使うことができます。

ひき肉200gに対しての適切な食パンの量は、おおよそ小さじ2程度です。

食パンを細かくするには、フードプロセッサーやおろし器を使うと便利です。

自分で作った食パンの粉を使うと、水分を多く保てるので、ハンバーグが柔らかくふんわりとした食感に仕上がります。

個人的には、洗い物を減らすためにおろし器を使うのがおすすめです。

冷凍食パンやフランスパンも、パン粉の代わりに使えます。

*注意点
・バターや砂糖が多く含まれるデニッシュタイプの食パンは、パン粉としては適していません。
・食パンはもともと水分が多いので、牛乳や水で湿らせる必要はありません。

 

小麦粉を使用したハンバーグの作り方

小麦粉は細かく挽かれた小麦で作られており、グルテンを含んでいます。このグルテンは水分と反応し、弾力性を持ち、形状を保つ性質を持っています。

この保形性により、小麦粉はハンバーグの水分を吸収し、パン粉のように水分と肉汁のバランスを整える役割を果たします。

ひき肉200gに対しての適量の小麦粉は大さじ1/2から1程度です。

ハンバーグに小麦粉を使う際には、混ぜ込むのではなく、外側に薄くまぶすのがポイントです。

小麦粉をパン粉の代わりに使用すると、ハンバーグの外側はさっくり、中はふんわりとした食感になります。

焼き上げた後のソースを絡める際も、小麦粉があるとソースがよく絡みます。

*注意点
・小麦粉をまぶす際は、均一になるようにふるいを使用すること。
・他のつなぎを使っていない場合は、粘りが出るまでしっかりと練り混ぜる必要があります。

 

じゃがいも由来の片栗粉を活用したハンバーグ

片栗粉はじゃがいもから抽出されたでんぷんを使って作られています。水を加えて加熱すると粘りが出て、柔らかくなる特性があります。

ひき肉200gに対しての適切な片栗粉の量は、大さじ1/2から1程度です。

片栗粉は、肉の水分を吸収し粘りを出すことで肉の繊維をしっかり結びつけ、パン粉と同様に水分と肉汁のバランスを整えます。

片栗粉をパン粉の代わりに使うと、もっちりとした食感が得られます。

また、ハンバーグを焼いた後にソースをフライパンで絡める際も、ソースがよく絡むようになります。

*注意点
・片栗粉は一度に多く加えると固まりができやすいので、少しずつ加えることが大切です。
・パン粉の代わりになる材料はいろいろありますが、それぞれでハンバーグの仕上がりが異なります。

ハンバーグを作る際は、状況に合わせて最適なパン粉の代替材料を選んでみましょう。

 

ハンバーグ作りの様々な方法とそのコツまとめ

  • パン粉がなくても、ハンバーグを作ることは可能です
  • 塩と炒めた玉ねぎをひき肉に混ぜるのが、パン粉を使わないハンバーグの基本
  • 柔らかくふんわりしたハンバーグが好みの場合は、パン粉を使うことをおすすめします
  • パン粉を牛乳に浸して使うと、よりジューシーなハンバーグが作れます
  • 家にある材料で、パン粉の代用ができます
  • パン粉の代わりに他の材料を使っても、柔らかくふんわりとした食感のハンバーグが作れます

パン粉なしでもハンバーグが作れることがわかりましたね!

日々のハンバーグ作りで使っている材料には、それぞれ特別な意味があります。

材料の使い方を理解すれば、レシピどおりの材料がなくても、アレンジしてハンバーグを作ることができます。

家にある材料を使うことで、フードロス削減にも役立ちます。

ハンバーグの作り方を変えると食感も変わるので、色々試して自分好みのハンバーグを見つけるのもいいですね!