本ページはプロモーションが含まれています

植物

藤の花を庭に植えてはいけない?植え方や鉢で小さく育てる方法も紹介

藤の花を庭に植えてはいけない?植え方や鉢で小さく育てる方法も紹介
Pocket

庭に藤の花を植える際には、さまざまな意見や信念が存在します。

一方では、藤の花を庭に植えてはいけないと考える人もいます。

ですがこれは個々の選択に左右され、適切な知識があれば問題はないとされています。

また、藤の花を植えることが不吉であるとする迷信もありますが、実際には根拠のないものと言えます。

この記事では、次の点に焦点を当てて詳しく解説します。

  • 庭に藤の花を植える際の懸念事項
  • 藤の花がもたらす縁起の良さ
  • 藤の花の植え方
  • 藤の花を鉢で小さく育てる方法

今回は「藤の花を庭に植えてはいけない?植え方や鉢で小さく育てる方法も紹介」と題してお届けします。

 

藤の花を庭に植えてはいけない?

藤の花を庭に植えてはいけない?」と考える方もいるようですが、以下のような理由のようです。

  1. 藤の名前が不治の病を連想させる
  2. 垂れ下がる花が家運の低迷を暗示する
  3. 藤の蔓が絡みつくことによる圧迫感
  4. 建物への損傷をもたらす可能性
  5. 根の張り方
  6. 花が咲くまでの時間
  7. 花言葉が持つ不吉なイメージ

これらのうち、実際に問題になりうるのは3つで、残りは迷信であるとされています。

それぞれのポイントについて、詳細に説明していきます。

 

藤の名前が不治の病を連想させる

「藤」という言葉は、「不治の病」という言い回しを思わせることがあります。

これは治らない病気を意味し、日本では昔から言葉の響きを重視する風潮がありました。

そのため、藤の花を植えることが病気と結びつけられることがありましたが、これは迷信に過ぎません。

ただし、このような考え方は文化的な背景の一部として存在しています。

 

垂れ下がる花が家運の低迷を暗示する

藤の花は地面に向かって垂れ下がる特性があり、昔の人々はこの姿を「家運の低迷」と見なしていました。

このため、藤の花を植えると家族の健康や財運に悪影響を及ぼすと信じられていたのです。

さらに、垂れ下がる性質を持つ植物は一般に不吉とされ、避けられることが多かったです。

藤の蔓が成長して他の植物や構造物に絡みつく様子は、抑圧や苦痛を連想させ、不運を招くとされてきました。

また、家庭内でトラブルが起こりやすいとも言われています。

 

藤の蔓が絡みつくことによる圧迫感

藤は、十分な支持体がない場合、そのツルで周囲の建築物に影響を与えることがあります。

たとえば、藤棚がなければ、藤のツルは雨樋やベランダの手すりに巻き付いて成長することがあります。

これにより、ツルの除去が難しくなり、特に柔らかいプラスチック製の雨樋は破損のリスクがあります。

また、藤のツルが建物の壁に絡みつくと、壁面の傷や汚れの原因になります。

庭に藤を植えると、その根が力強く成長し、近隣の建築物に損害を与えることがあります。

ネット上で報告される経験談では、藤の根が家の基礎を破壊したり、床下に根が広がり床を持ち上げたりする事例が見られます。

私の近所の公園でも、藤棚の下のタイルが藤の根によって持ち上げられているのを見たことがあります。

これらの事例から、藤の根の強い成長は無視できない問題だということがわかります。

 

花が咲くまでの時間

鉢植えで育てていた藤を庭に移植すると、初めのうちは花が咲かないことがあります。

花を楽しみにしていたとしても、この変化は避けられないこともあります。

これは、藤が広い土地に移植されると、木自体の成長にエネルギーを使うためです。

鉢植えの場合、根や幹の成長に限界があるため、花を咲かせるエネルギーが使われますが、地植えすると植物は成長を優先し、花の開花が遅れがちです。

しかし、木が一定の成長を遂げると、再び花を咲かせるようになります。

 

花言葉が持つ不吉なイメージ

藤の花の花言葉は、一般的に肯定的なイメージで知られています。

例えば、「優しさ」、「歓迎」、「忠実」といったポジティブな意味を持つ言葉が代表的です。

しかし、藤の花にはもう一面も存在し、複雑で否定的な花言葉もあります。

「恋に酔う」や「決して離れない」などの言葉は、一方的な愛情や強い執着を連想させることがあります。

藤の花の美しさに魅了される一方で、藤のツルが他の木に強く絡みつく性質は、時に暗い影を投げかけることもあります。

これらの花言葉は、藤の花が持つ多面性を表しています。

 

藤の花に秘められた吉兆の理由

藤の花は、その美しさに加えて、良い兆しをもたらすとされる理由があります。

ここでは、藤の花が幸運を招くとされる二つの理由を紹介します。

 

藤と「不死」の連想

藤(ふじ)の花の名前は、「不死(ふし)」という言葉を思わせます。

不死とは文字通り「永遠に死なない」という意味で、長寿や永遠性を象徴します。

藤が「不治の病」と連想されることで不吉なイメージがあるとされることもありますが、「不死」という概念はまったく反対のポジティブな意味を持ちます。

この「不死身(ふじみ)」という響きは、藤の名前とも通ずるものがあります。

このように考えると、藤の花を庭に植えることは、長寿や不死を象徴し、吉兆をもたらすと捉えることもできるでしょう。

 

藤の長寿命の特性

藤の木は、その長寿命で有名です。

非常に長い寿命を持つ樹木として知られており、中には樹齢が1000年を超えるものも少なくありません。

日本では、樹齢1200年を超える藤の木も存在しています。

例としては、埼玉県春日部市にある牛島の藤が有名です。

藤の木が持つ長い寿命は、多くの人々にとって吉兆と見なされています。

長寿や永続を象徴する藤の木は、幸運や繁栄を願う人々にとって、特に縁起が良いとされています。

 

藤の花の植え方や鉢で小さく育てる方法

庭に藤の花を植える際の安全で効果的な方法を、私の経験に基づいてご紹介します。

これらの方法は、藤の健康的な成長を促進するとともに、潜在的な問題を予防することを目的としています。

  1. 家から適度な距離を保って植える
  2. 藤棚の設置
  3. 庭のスペースが限られている場合は鉢植えを活用

これらを基本的な原則として整理しました。

 

家からの距離を確保して植える

藤を家の近くに植えると、様々な問題が発生する可能性があります。

たとえば、雨樋やエアコンの配管にツルが絡まったり、根が成長して家の基礎に影響を与えたりすることがあります。

これらを避けるために、家から適切な距離を保って庭の一角に植えることが推奨されます。

理想的には、家から離れた庭の外周や生け垣など、隣家に迷惑がかからない場所が適しています。

 

藤棚の設置が不可欠

藤はツル性の植物であり、成長するためには何かに巻き付く必要があります。

他の樹木や柵に無計画に絡みつくと、それらに損傷を与える恐れがあるため、専用の藤棚の設置が大切です。

木製の藤棚を自作するのは技術的に難しいことがありますし、専門業者に作ってもらうと費用がかかることがあります。

しかし、パイプ製の藤棚であれば、比較的手頃な価格で設置することができます。

このような藤棚は、藤の成長をサポートするだけでなく、庭の景観を向上させる効果もあります。

 

スペースが限られている場合の鉢植え栽培

庭のスペースが狭い家庭では、地植えによる藤の栽培は避けた方が良いでしょう。

鉢植えで藤を育てることで、成長を効果的にコントロールし、問題を予防することが可能です。

これにより、藤を安全かつ健康に育てることができます。

例えば、盆栽のような小さな鉢で育てることによって、藤は限られたスペースでも美しい紫の花を咲かせることができます。

小さいながらも、藤はその豊かな花で楽しませてくれます。

 

藤の花を庭に植えてはいけない理由まとめ

藤の花を庭に植えてはいけないといった多くの迷信がありますが、その多くは根拠のないものです。

ただし、藤のツルや根の成長が稀に問題を引き起こすこともあります。

また、藤は長寿命であり、それが縁起が良いとされています。

適切な場所に植え、藤棚を設置することで、藤の栽培は比較的容易に管理できます。

庭が狭い場合には、鉢植えでの栽培が最適です。

植え方や鉢で小さく育てる方法も紹介しましたので、是非育ててみてくださいね。

特に深い信仰を持たない限り、藤の花を避ける必要はありません。

藤は日本人に長く愛されており、古事記にもその存在が記されています。

十分な日光があれば、藤は健康に成長します。

この機会に藤の栽培に挑戦してみるのも良いでしょう。

以上「藤の花を庭に植えてはいけない?植え方や鉢で小さく育てる方法も紹介」と題してお届けしました。