本ページはプロモーションが含まれています

生活

熱を出す方法10選!37度以上出して仮病を使って自宅でリフレッシュ

熱を出す方法10選!学生も社会人も必見の仮病を使って自宅でリフレッシュ
Pocket

「授業や職場のストレスから少し離れたい」と思うのは自然なことです。

たまには「ちょっと体調を崩して休もうかな」と考えることもあるでしょう。

ネットで探せば色々な方法が出てきますが、実際に効果的なのはどれか迷いますよね。

そこで今回は、健康を守りながら家でゆっくり過ごすための10のコツを紹介します。

これらを試して、休むべき時にはしっかり休んで、また元気に活動できるようにしましょう!

部活休む理由は何と言う?当日や前日のシーン別言い訳ガイド
部活休む理由は何と言う?当日や前日のシーン別言い訳ガイド部活を休む理由にはいろいろあります。 やる気が出ない時、体調が思わしくない時、または学校の勉強以外の予定がある時などです。 ...

 

熱を出す方法10選

普通、人の体温は35度から36度の間ですが、37度を超えると休息が必要です。

ここでは、体調を整えることを目的とした、効果的にリフレッシュするための方法を10個お伝えします。

 

熱を出す方法:適度な運動をする

適度な運動は血流を良くし、ストレスを減らします。

過度にならない程度に体を動かして、リラックスの時間を持つことが大切です。

適切な運動は免疫力の維持にもつながり、病気予防に役立ちます。

 

熱を出す方法:室温を適切に保つ

室温の管理も重要です。

イェール大学の研究で、寒すぎる環境が風邪をひきやすくすることが示されています。

冬は室温を適度に保ち、快適に眠れるようにしましょう。

夏は冷房を強くしすぎないように気を付けてください。

体温を調節するためのアイテムを活用するのもいいでしょう。

ただし、極端な方法は健康に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

以上のように、自分の体調を第一に考えた上でのセルフケアを行い、必要な休息を取ることが、心身のリフレッシュにつながります。

 

熱を出す方法:特定箇所の刺激

体温を自然に少し上げたい時、体の特定箇所を刺激するのが有効です。

以下の場所を軽くマッサージすることで、体がぽかぽかと温まる効果があります。

– 首の基部(大椎):首の後ろで、背骨の7番目の骨の直下に位置します。
– 腰の側面(腎兪):へその高さで腰に手を当てた時、親指が自然に触れる部位。
– 足の指間(太衝):大趾と二趾の間、骨が合わさる前のくぼ地です。

これらは東洋医学の理論に基づくポイントで、体のエネルギー流れを整え、健康を促進します。

ただ、これだけで大幅に体温を上げるのは難しいので、他の方法と組み合わせて試すといいでしょう。

 

熱を出す方法:深呼吸と息止め

深呼吸と息を止めることでも体温を上げることが可能です。

息を止めると体内の酸素量が減り、細胞が酸欠状態になります。

その後、通常の呼吸を再開すると、細胞に急速に酸素を送り込むため血流が増加し、体温が若干上昇します。

この方法で深呼吸と息止めを繰り返すことにより、体温を徐々に上げることができますが、上昇幅は限られています。

より効果を感じたい場合は、他の方法と組み合わせることをお勧めします。

 

熱を出す方法:徹夜をする

夜を徹して活動することも体温を上げる一つの方法です。

徹夜は体の通常のリズムに反するため、大きなストレスや疲労を引き起こし、それが体温上昇の原因になることがあります。

徹夜による体温の変化は、急激に上がるタイプと、微熱が続くタイプの2種類があります。

徹夜後には以下のような症状が現れることがあります。

– だるさや疲れ
– 顔色が悪くなる
– 冷や汗をかく
– 体温が少し上がる

ただし、冷や汗のせいで体温計の数値が実際よりも低く表示されることがあります。

栄養ドリンクを摂取することで体が温まりやすくなるため、この方法を他の方法と合わせて使うと良いでしょう。

 

熱を出す方法:一晩中厚手の布団にくるまる

体温を意図的に上げたい時、顔を出さずに厚手の布団で一晩を過ごす方法があります。

このやり方では、体内の熱が外に逃げず、体温がじわじわと高まっていきます。

しかし、過度に汗をかくと体が冷え、風邪をひきやすくなることも。

自分で試したところ、体温はわずかに上昇したものの、以下の点に注意が必要です。

– 微熱程度の体温上昇に留まる
– 体温がすぐに元に戻る可能性
– 寝苦しい夜を過ごすことになるかもしれない

布団の中での過ごし方によっては、発汗過多になるリスクもあるため、注意深く試してください。

 

熱を出す方法:冷たい水でのシャワー

体温を上げる一つの方法として、冷たい水でのシャワーが挙げられます。

長時間冷水にさらされると体の核心部まで冷えてしまい、その結果免疫力が低下し風邪を引きやすくなります。

これは、イェール大学の研究で証明されています。

水分を体に残したままでいると、より体を冷やす効果が高まります。

ただし、この方法を実践する場合は事前に計画を立てる必要があります。

 

熱を出す方法:積極的な運動

体温を自然に上げたい場合、積極的な運動がおすすめです。

専門家によると、過剰な運動は免疫機能を弱め、感染症にかかりやすくなるリスクがあります。

寒い季節や乾燥した空気の中での激しい運動は特に、感染症のリスクを上げることがあります。

運動後に汗を拭かずにいると体温の上昇を感じやすくなりますので、その後の体温測定が効果的です。

 

熱を出す方法:玉ねぎの脇下への挟み込み

自然に体温を上げるもう一つの方法は、玉ねぎを脇下に挟むことです。

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が体温を上昇させる効果を持つと言われています。

適切な大きさに切った玉ねぎを脇下に挟んで2時間ほど保持することで、体温が徐々に上昇すると期待できます。

少し不快かもしれませんが、他の活動で気を紛らわせれば、意外とあっという間に時間が過ぎます。

この方法は体温を一時的に37〜38度まで上げることが可能ですが、一般的には一日で体温は下がります。

 

熱を出す方法:しょうゆの飲用

体温を少しでも上げたいとき、一般的ではないがしょうゆを飲む方法があります。

過去には、塩分濃度が高いしょうゆを大量に摂取することで、短期間で血圧を上げ、それに伴い体温が上がるという実践があったようです。

ただし、しょうゆを過剰に摂ることは高ナトリウム血症のリスクを高め、重大な健康被害を引き起こす恐れがあります。

そのため、この方法は健康を害する危険性があるため推奨されません。

 

体温計を操作して熱を示す方法3選

実際に体温が上がっていなくても、体温計の数値を調節して37度以上を表示させるいくつかの方法があります。

体への負担を避けつつ、「発熱がある」と見せかけたい場合に有効です。

 

体温計を操作して熱を示す方法:摩擦による温度上昇

体温計の測定部分を強く摩擦することで、摩擦熱を生じさせ、表示温度を人為的に上昇させる方法です。

測定部分をこすり続けて、目的の温度に到達させますが、体温計の種類によっては測定開始の条件が異なるため、その点には注意が必要です。

さらに、脇以外のより温度が高くなりやすい部位を利用することも一つの手段となります。

 

体温計を操作して熱を示す方法:温熱アイテムの使用

事前に蒸しタオルやカイロで測定部位を温めることで、体温計がより高温を検出しやすくなります。

この方法で脇等の測定部位を暖かくしておくと、実際の体温よりも高い測定結果が得られることがあります。

火傷を避けるためには、タオルやカイロの温度に注意し、他人の目を気にする場面ではカイロを隠して使用することが望ましいです。

 

体温計を操作して熱を示す方法:測定部位の選択

脇の下ではなく、首など本来体温が高い部位で測定することで、体温計の数値を自然と高めることができます。

首周りは血流が多いため、脇よりも温度が高くなりやすいです。

また、腕の内側や膝裏を試すことでも、より高温が得られる可能性があります。

測定前に布団やこたつで身体を予熱することも、効果的な方法の一つです。

 

職場や学校を休む際の仮病活用ガイド6ポイント

たとえ一晩中起きていたり、体温を人工的に上げる方法を駆使したとしても、仮病で休むためには周囲に疑われないような配慮が求められます。

37度以上の熱をうまく出したとしても、次に大切なのは疑念を抱かれずに済むための工夫です。

 

仮病活用ポイント:長期連休後は避けるべき

長期連休の後に押し寄せる疲れや憂鬱感は、多くの人が経験するものです。

そのタイミングで休むことを選ぶと、「連休疲れで休みたいだけ」と見抜かれがちです。

誤解を避けるためにも、長期連休の直後に仮病を使うのは控えましょう。

 

仮病活用ポイント:休むタイミングにパターンを作らない

「苦手な授業のある日や、厄介な会議が予定されている日」など、休みたくなる理由は人によって異なります。

しかし、特定のシチュエーションで休むことが多くなると、周囲にパターンとして認識され、「またそのパターンか」と疑われてしまいます。

だからこそ、仮病を使うならば、あまり規則性を持たせないように気をつけるべきです。

 

仮病活用ポイント:休んだ日は外出を控える

学校や職場を休む際には、その日の外出も避けるべきです。

もし外出してしまい、知人に見られてしまったら、仮病が露見する可能性があります。

体調不良を理由にしているのであれば、その日は家で静かに過ごすことが賢明です。

 

仮病活用ポイント:日頃の行動で信頼を築く

普段から怠けがちな人が休むと、すぐに「仮病だろう」と疑われてしまうことがあります。

仮病を使って休んだときに信じてもらうためには、普段から真面目な態度を保つことが大事です。

また、仮病を使うのは本当に必要な時だけに留め、頻繁に利用しないよう心がけましょう。

 

仮病活用ポイント:休みの連絡時には言葉選びに配慮を

休む時に上司や教師への連絡、仕事の引継ぎメールでは、その文面のトーンが重要です。

体調不良を理由に休むとき、通常の元気なトーンで連絡してしまうと不自然に思われがちです。

いつもよりも少し控えめで、丁寧な言葉選びをすることが、相手に対する配慮として伝わります。

「申し訳なさ」を感じさせるような謙虚な表現を心がけましょう。

 

仮病活用ポイント:SNSの使用は控えめに

学校や職場の人と繋がっているソーシャルメディアでは、自分の行動に注意が必要です。

仮病で休んでいる間に楽しんでいる様子をアップしてしまうと、仮病がバレることになりかねません。

もし不用意に投稿してしまった場合は、速やかに削除することが肝心です。

仮病で休む日は、できるだけSNSのチェックや投稿を控えることが賢明と言えます。

 

熱を出す方法まとめ

朝起きたときに「本当は今日、休みたい」と思うことは誰にでもあります。

仮病を繰り返すのは好ましくありませんが、適切にストレスや疲労を管理することは大事なことです。

職場や学業に影響を及ぼさず、信用を失わないようにしながら、自己責任で熱を出す方法を検討するのもひとつの方法です。